FC2ブログ

2013-12

12月の合評会

こんにちは。透き通るような寒さの日が続いていますね…。安城です。
先日15日に、代替わり後初となる合評会が行われました。

このブログを見るのは初めてだぞ、合評会なんて聞いてないぞ、って方のために
いちおう説明しておきますと、
この詩人会では月に一度のペースで「合評会」といって、部員各々が書いた作品を持ち寄り、
作者匿名の形で感想を言い合ったり批評し合ったりする集いの場があるのです。
まあ批評と言ってものんびりしたものなんですけどね。
普段からゆるゆる生活している詩人会ですが、
たまには少し改まった感じでやってみよう、ということで、
この合評会が平時の活動のメインだったりします。

で、今回の合評会には、前々幹事長の乃木いずみさんや前幹事長のしのいづかさんにまで
参加していただき、盛況のうちに幕を閉じることができました。
本当はその内容までご覧いただきたいところですが、一応雰囲気だけでも味わっていただけるように、
今回の合評会で登場した作品のタイトルを載せてみますね。

「懐古」
「官能について」
「色硝子の街」
「晴れ。神鳴り」
「都市考(師走)」
「無題」
「半覚醒思考体、声」
「この部屋を照らしているのはあなたでも太陽でもなく、けいこうとうです」

と、こんな感じでした。
中でもなかなか人気だった「半覚醒思考体、声」と「この部屋を…」を書いたのは、
今回作品初提出の二年生で、参加者たちからすごい驚かれてました。
彼女の今後の活躍に期待、ですね。本人はまぐれだと謙遜していましたが…。

あと、どうでもいい話なのですが、合評会などを何回か経験していると、
参加者たちの間になにやら感性のシンクロっぽいものが起こることがあるようで。
作品中のワードが参加者たちの間でかぶったりするんですね。
今回登場した作品群の中では、「悪魔」と「天蓋」という単語がそれでした。
12月は悪魔と天蓋の季節みたいです。

そんな、12月の合評会でした。
ではでは。

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ABOUT

早稲田大学詩人会

Author:早稲田大学詩人会
早稲田大学公認文芸サークル
「詩人会」公式BLOG.

Twitter

 

NEW

CATEGORY

未分類 (2)
お知らせ (0)
活動報告 (34)
部員紹介 (4)
その他 (7)
活動告知 (13)
サークル紹介 (1)

ARCHIVE

COMMENT

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

TRACKBACK

SEARCH

RSS

BOOKMARK

このブログをリンクに追加する

QR

QR